• 祈水(きすい)ジュラ紀湧水で仕込んだ日本酒
  • 日本酒造りに適した東通産「駒の舞」
  • ジュラ紀湧水が日本酒の味を引き立てる
  • 「祈水」は東通村の産品である「駒の舞」や「ジュラ紀湧水」を使用していることから、村の人々の思い入れも強く、地元では様々な場面で味わられております。地元でしか味わえない貴重なお酒であり、東通村の自慢の産品として今後も伝統を守り続けていきます。
  • 東通村ではお正月に神様への奉納としてお酒を振舞われてきました。現在でも神様への奉納を気持ちを忘れずに酒蔵の門等に飾りをつけたりと長い年月に渡り、伝統と風習が受け継がれてきました。
  • 東通の日本酒

東通こだわりの日本酒

酒蔵のご紹介

関乃井酒造

本州のてっぺん下北半島唯一の醸造場。
明治24年創業 創業以来地元の人々に愛される、本当の地酒造りを目指してまいりました。
それゆえに作られた日本酒は、下北半島以外にはほとんど出荷されていない、陸奥の隠れた逸品です。
関乃井の由来〈関〉は、関情つまり“心にかかる”ということで次の意味があります。
酒香偏入夢・・・・酒の香とともに夢の中に入り
花落又関情・・・・花は既に落ちて又心にかかる
〈井〉は、井泉水“せいせんすい”井戸の水から付けられています。

  • 日本酒のご紹介
  • 特別純米酒 祈水
  • 吟醸酒 祈水

「祈水」への想い

三國立/山﨑孝悦/氣仙修

地酒祭り「極」の様子

2013年2月 地酒祭り『極』にて、日本酒好きがうなった味わい

2014年2月15日に東京 ホテルメトロポリタンエドモントで行われた地酒祭り「極」にて、著名な名誉利き酒士をはじめ、ご来場頂いたたくさんの方々に「特別純米酒 祈水」「吟醸酒 祈水」の試飲をして頂きました。

日本酒好きの皆様からたくさんのご好評の声を頂きましたので、その一部をご紹介いたします。

祈水

祈水の商品情報

商品名 ・特別純米酒 祈水
・吟醸酒 祈水
内容量 1,800ml 720ml
原材料 米(東通村産駒の舞)
米麹(東通村産駒の舞)
醸造アルコール
価格 【特別純米酒 祈水】
・1,800ml 3,500円(税別)
・720ml 1,950円(税別)
【吟醸酒 祈水】
・1,800ml 5,300円(税別)
・720ml 3,050円(税別)
度数 15.8度
飲み口 辛口
保存方法 要冷蔵
生産時期 冬期

祈水の取り扱い先

・下北管内で20店

祈水に関するお問い合わせ

青森県東通村の特産品「祈水」のご紹介